朝8時半、まず第一弾はトイレの取り外し。
その後、床材はがし、
新しいクッションフロア張り、
新トイレ設置、
リフォーム用の棚材取り付け。
これが一連同じ人がやるわけではないらしい、床張りとトイレ設置は別な人なのだな、よくわからん。
で、それぞれ工事の間があく。
建設系の人は10時、12時、15時近辺にきっちり休憩も取るし、
1つの区切りごとに工事してない時間があく、それ自体は良いのだが
「トイレ取り外した穴はテープでとめましたから」
ぜんぜん塞いだことになってない、下水からあがってくる風で、軽く覆った程度の紙?風テープなんて完全めくれて、下水臭が…
ちょっとやめてくんない、プロでしょう、そのあたりわかんないかな。
自力で上に重石載せて塞いだわ、臭いから玄関ドアも開ける、寒い。
(なんか乾かさないといけないらしくトイレドア開けっ放し)
室内に下水臭充満冗談じゃない。
16時で工事終了。
やっぱり数万高くてもリクシルのリフォレにしてよかった、あのトイレタンク下の空間が存在しない、すばらしい、選択に後悔無し。